2017.06.13

グリーズマンの残留決定…アトレティコが2022年までの契約延長を発表

グリーズマン
アトレティコとの契約を延長したグリーズマン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードは13日、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとの契約を2022年6月30日まで延長したことをクラブ公式サイトで発表した。

 去就に注目が集まっていたエースの残留が決まった。マンチェスター・Uへの移籍が噂されていたグリーズマンだが、補強禁止処分を受けているアトレティコ・マドリードとの契約延長で合意。これまでの契約は2021年までだったため、1年間の延長となった。12日付のスペイン紙『マルカ』によると、契約解除金は1億ユーロ(約123億円)のままだという。

 グリーズマンは同サイトを通じ、「まずは、僕の発言で誤解を招いたことを謝りたい。おそらく、表現の仕方が悪かったし、誰かがニュースをでっち上げたかったのだろう。だが、ここに来て以来、クラブやチームメイト、コーチたちのために全力を捧げてきた。これからもピッチで全力を出して感謝を示すよ」とコメントした。

 今夏のマンチェスター・U移籍が報じられていたグリーズマン。本人も「出ていく用意はできている」、「(移籍は)あり得ることだよ。10分の6(60パーセント)だ」などとコメントしており、一時は退団濃厚と見られていた。だが、18歳以下の選手の獲得と登録に関する規定違反により、アトレティコ・マドリードに今夏の補強禁止処分が確定すると、「困難な時期に退団するのは、クラブに対して不当な仕打ちになる」と残留を宣言していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング