FOLLOW US

死後もファン! レアルのホームスタジアム型“棺”が販売、約187万円

レアルファン必見の代物 [写真]=Twitter @hhala_madridd

 スペイン・カスティーリャ=ラ・マンチャ州の州都トレドにある葬祭業を営む会社が、レアル・マドリードのホームスタジアムであるサンティアゴ・ベルナベウの形をした木製の棺を15,000ユーロ(約187万円)から販売している。

 サッカーファンはよく「死ぬまでファンだ!」と口にすることがあるが、なんと今ではそれが現実にできてしまう。レアル・マドリードファンは、自身の愛するクラブに囲まれながら安らかな眠りにつくことができ、その棺にはチャンピオンズリーグのトロフィーも掘られている。棺は「Mi Último Capricho(私の最後のわがまま)」という名前で、葬祭業を営む会社が販売。

 この会社は骨壷や埋葬財産のデザイン、製造、マーケティングを行っており、「同じ仕事は2つと存在しないし、スタンダードな部品は使わない。デザイン、サイズ、人間工学、機能性において、それぞれが唯一のものであり、それは私たちの顧客の好み、個性、信仰、さらにそれぞれの人生の形に影響されている。豪華でエレガント、そして個人に適合した製品である」と、“棺クリエーター”たちは説明している。

 会社の責任者であるヘスス・マンサナーロ氏は、スペインメディア『ムンド・デポルティーボ』に対して「これらの棺は完全に職人の仕事である」としたほか、レアル・マドリードファンだけのために仕事をしているわけではないとした。「バルセロナのファンや他のチームのファンがいれば、そのスタジアムのレプリカとして同じように棺を作ることができる。何の問題もない」と話した。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA