2017.05.07

エイバル、アトレティコに惜敗でEL出場の可能性消滅…乾は4戦連続先発

乾貴士
アトレティコ戦に先発出場したエイバルMF乾貴士(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第36節が6日に行われ、アトレティコ・マドリードとMF乾貴士の所属するエイバルが対戦した。乾は左MFで4試合連続の先発出場となった。

 現在3位のアトレティコは2日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで宿敵レアル・マドリードに0-3で完敗。4日後のセカンドレグに向けて、勝利で弾みをつけたいところ。現在8位のエイバルは前節4試合ぶりの白星を収めた。ヨーロッパリーグ出場権獲得の可能性をわずかに残しているものの、今節の結果次第では消滅するため、2連勝を狙う。

 立ち上がりから果敢に攻めるエイバルは8分、乾がドリブルでペナルティエリア内左に進入し、中央に切り込んで強烈な右足シュートを放つが、相手GKヤン・オブラクにセーブされる。一方のアトレティコは18分、左サイドのアントワーヌ・グリーズマンのクロスから、こぼれ球をエリア内中央のコケが右足で振り抜くが、シュートは枠の左に外れた。

 アトレティコは45分、トーマス・パルティがエリア内右へ突破し、深い位置からマイナスの折り返し。中央へ走り込んだサウール・ニゲスがダイレクトで左足シュートを打つが、枠の左に外れた。前半はスコレスで折り返す。

 試合が動いたのは後半69分、アトレティコがついに均衡を破る。ディエゴ・ゴディンの左サイドからのクロスを、ニアのフェルナンド・トーレスがスルー。中央のサウールがダイレクトで左足を振り抜き、ゴール左隅に沈めた。

 失点したエイバルは76分、乾を下げてルベン・ペーニャを投入し、反撃を狙う。84分、ペドロ・レオンの左サイドからのクロスに、中央のゴンサロ・エスカランテが頭で合わせるが、シュートはGKオブラクにキャッチされた。アトレティコは89分と後半アディショナルタイム2分に、ゴディンが立て続けにイエローカードを受けて終了間際に退場処分となった。

 試合はこのまま終了し、アトレティコが1-0で勝利。敗れたエイバルは8位〜11位でのフィニッシュが確定し、EL出場の可能性が消滅した。

 アトレティコは10日にホームで行われるチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグでレアル・マドリードと対戦。エイバルはリーグ第37節でスポルティング・ヒホンをホームに迎える。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 1-0 エイバル

【得点者】
1-0 69分 サウール・ニゲス(アトレティコ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る