2017.05.04

メッシ財団、シリアにプレハブ式の学校20校建設…SNS上でメッセージも

メッシ財団
シリアに学校を建設したメッシ財団 [写真]=FCB
スペイン最古のスポーツ誌「ムンド・デポルティーボ」。FCバルセロナを中心とした現地直輸入ニュースを毎日20本以上配信!

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが持つメッシ財団が、ユニセフを通してシリア内戦の戦災孤児の教育に多額の支援をした。

 ユニセフはメッシ財団の支援を受けて、6年の内戦状態が続くシリアのダマスカス郊外にあるタルトゥースに、プレハブ式の学校を20校建設した。これにより、約1600人もの子供が学校に通えるようになった。教室にはソーラーパネルも設置されるという。

 メッシ財団は過去にも、アルゼンチンへの1,000人分のC型肝炎治療薬の寄付や、メッシの左足を純金で再現したオブジェである「ザ・ゴールデンフット」の一部売上金を、東日本大震災で被害を受けた被災者に支援したりと、積極的な支援活動を行っていた。

 ユニセフの特別大使も務めるメッシは、ユニセフの『Facebook』アカウントでメッセージ動画を投稿。シリア内戦の平和解決を望む声明と、被害に苦しむ子供たちへの支援を語った。

 メッシは「戦争の日々は長い。子供たちはその間ずっと暴力や危険にさらされおり、そんな生活をもう6年も続けている。ユニセフの特別大使として、とても心を痛めている。早く戦争が終わりますように」 と、戦争の早期終結を願っている。

 メッシ財団の発表によると、シリアでは175万人もの子供達が学校を追われ、さらに100万近くの子供達の学校がなくなる危機に瀕している。その理由は、学校を避難シェルターや軍事拠点として使うためだとういう。そのため、現在のシリアの就学率はとても低くなっている現状だ。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る