2017.04.25

乾は先発復帰も味方退場に繋がるミス…10人のエイバル、劇的弾喫して2連敗

乾貴士
4試合ぶりに先発出場したエイバルMF乾貴士(左)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第33節が24日に行われ、MF乾貴士の所属するエイバルとアスレティック・ビルバオが対戦した。乾は安倍晋三首相主催の夕食会出席のため一時帰国して以降、初の先発復帰で左MFに入った。

 前節6試合ぶりの黒星で連勝が3で止まった8位エイバル。今節は勝ち点差「3」で7位のビルバオをホームに迎えた。エイバルは35分、乾がペナルティエリア手前左でこぼれ球に反応したが、主審とかぶってしまいシュートチャンスを逃す。それでも立て直して、そのまま中央へ切込み、右足シュートを放ったが、これは相手DFにブロックされた。直後に主審が謝罪の手を差し伸べ、乾も笑顔でタッチに応じて“和解”していた。

 スコアレスのまま折り返したエイバルは後半56分、乾のパスミスでボールが相手FWイケル・ムニアインに渡ると、直後に後方からタックルにいったゴンサロ・エスカランテにレッドカードが提示され一発退場。数的不利となったエイバルは直後の59分、乾を下げてクリスティアン・リベラを送り出した。

 その後も両チームとも決め手を欠き、膠着状態が続いたが、試合は終了間際に動いた。ビルバオは後半アディショナルタイム4分、エリア手前右からのFKでベニャ・エチェバリアが右足シュート。これは相手GKの好セーブに阻まれるが、こぼれ球をエリア内左のラウル・ガルシアが右足ボレーで押し込み、劇的ゴールを奪った。

 試合は直後に終了のホイッスルが鳴り、エイバルは10人で健闘したが、土壇場の失点で0-1の敗戦。今シーズンのリーグ戦で初の連敗となった。なお、4試合ぶりに先発出場した乾は左サイドで奮闘したが、味方の退場に絡んだ直後の59分に途中交代となった。

 エイバルは次節、27日にアウェイでアラベスと対戦。ビルバオは同日にベティスをホームに迎える。

【スコア】
エイバル 0-1 アスレティック・ビルバオ

【得点者】
0-1 90+4分 ラウル・ガルシア(ビルバオ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る