2017.04.23

クラシコ制し逆転優勝へ…バルセロナ指揮官「この試合はファイナル」

エンリケ
クラシコに挑むバルセロナのルイス・エンリケ監督 [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 23日のリーガ・エスパニョーラ第33節で、2位・バルセロナは首位を走るレアル・マドリードと対戦する。バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督の試合前コメントを、スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 バルセロナは現在1試合消化の少ないレアル・マドリードに勝ち点3差をつけられている。これ以上引き離されればリーグ3連覇はかなり厳しくなるため、是が非でも勝ち点3を奪いたいところだ。

 そんな同クラブだが、目下の話題はブラジル代表FWネイマールの出場可否について。スペインサッカー連盟(RFEF)は20日、バルセロナによる出場停止処分への異議申し立てを却下した。これを受けて同クラブはスペインのスポーツ裁定審議会(TAD)に上訴したが、TADの裁定はまだ下されていない。裁定が保留となっている間はネイマールに対するRFEFの処分が無効になるというのがバルセロナの考えだ。ネイマールがメンバーに帯同するとも報じられている。

 これを受けてルイス・エンリケ監督は「私の考え方は問題ではない」とコメント。さらに「私はネイマールがいてもいなくても試合をする準備ができているよ」と続け、明言は避けたものの起用に踏み切る可能性を示唆している。

「多くの点でスペシャルな試合だ。我々の今シーズンでの立ち位置もあるし、永遠のライバルと現在のリーグを引っ張る存在を我々が演じているからね」と同監督はこの試合の位置づけを説明。その重要性を語った。

「我々にとってこの試合がファイナルであることは疑いようがない」。エンリケ監督はこう話し、不退転の決意で大一番に臨む。果たしてバルセロナは、伝統の一戦“エル・クラシコ”を制して逆転優勝への足掛かりとすることができるだろうか。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る