2017.04.10

ジダン監督の去就は不透明? 4日間で2度も監督続行に言葉を濁す

来季の続投について言葉を濁しているジダン監督 [写真]=Getty Images
スペイン最古の歴史を持つスポーツ新聞。FCバルセロナを中心とした現地直輸入ニュースを毎日配信!

 5日、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は対レガネス戦前のインタビューで「今後の事は未定どうなるか自分自身も分からない」と語った。そして8日、ジダン監督はR・マドリード対アトレティコ・マドリードのダービー前の記者会見で、自身の進退は未定と発言。クラブ関係者をも驚かせた。

「このままR・マドリードの監督を続行するかって? どうするかはまだ決めていない。今は目の前にある試合にだけ集中し、今シーズン(2016―17)残っている試合の準備をしている。R・マドリードの監督であることがどういう意味であるか、いい面でも悪い面でも良く分かっている。今までも、これから先も、自分がR・マドリードの監督である以上、次回の試合の話ししかしない。興味があるのは明日の試合だけ、それ以外の事は何が起こるか分からない」と述べた。

 ジダン監督はR・マドリードの監督継続をにごすコメントで騒動を引き起こしたのはこれで2度目となる。

 5日、ブタルケで行われた対レガネス戦前にラジオ『セル』のインタビューで、このままR・マドリードの監督を継続していくかと質問されたがその答えが曖昧だった。その時の対話がこちらだ。

――サッカー界は非常に変わりやすいですが、ジダン監督がこのままR・マドリードの監督としてこれから何年も継続していくと思います。その中でイスコがこのまま監督と共にR・マドリードでプレーして行くと思いますか?

ジダン監督「私がこれからもR・マドリードを継続すると言うが、それは私にも、ましてやあなたにも分からない事だ」

――監督は継続されるように思えますが…。イスコとR・マドリードの契約が残り1年ですが、イスコの契約が延長され、このまま一緒にR・マドリードに残りプレーできるかという質問だったのですが?

ジダン監督「まずは私自身の近い将来がどうなるかだ。イスコはR・マドリードの選手でとても良いプレーをしている。イスコがR・マドリードの選手でとても喜んでいるという事以外は何も言えない。イスコについての私の意見はご存知の通り、R・マドリードにとってとても重要で、このままR・マドリードでプレーを続けてほしいと思う」

 ジダン監督はここ4日以内に、2度も今後R・マドリードの監督としての続投をにごす発言をした。

(記事提供:ムンド・デポルティーボ日本語版

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る