2017.03.24

レアル会長、新星ムバペ獲得の可能性に言及…仏代表初選出の18歳

ムバペ
モナコでの活躍により、複数のビッグクラブから注目を集めているムバペ [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 フランス代表に初めて選出されたモナコFWキリアン・ムバペを獲得する可能性について、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が口を開いた。23日付けのスペイン紙『アス』などがコメントを伝えている。

 デビュー2年目、現在18歳のムバペは今シーズン、公式戦32試合に出場して19ゴールを記録。リーグ・アンでは22試合出場で12ゴールと、得点ランキング6位タイに入っている。また、チャンピオンズリーグ(CL)では、マンチェスター・Cとの決勝トーナメント1回戦2試合で2ゴールを記録し、複数のビッグクラブが熱視線を送っていると報じられている。

 レアル・マドリードもムバペの獲得に興味を持っていると噂されており、今月17日に開催されたマンチェスター・CとのCL決勝トーナメント1回戦セカンドレグでは、ペレス会長が観戦に訪れたと報じられていた。

 ムバペ獲得報道の渦中にあるペレス会長は23日、元フランス代表FWクリストフ・デュガリー氏がMCを務めるフランスのラジオ局『ラジオ・モンテカルロ』にて番組に出演。レアル・マドリードにおいて、FWカリム・ベンゼマとムバペの“フランス人コンビ”実現の可能性を問われ、「シーズンの今のタイミングで話すべきことではないが、あらゆることが起こり得る」とコメントした。

 ムバペ獲得の可能性を否定しなかったことで、今後はレアル・マドリード移籍報道がさらに盛んに行われることになりそうだ。同選手についてはパリ・サンジェルマンからの関心も報じられており、今夏の移籍市場における目玉選手となりつつある。果たして、来シーズンはどのクラブのユニフォームに袖を通すことになるのだろうか。

 ムバペが招集されているフランス代表は、25日に2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選でルクセンブルク代表と対戦し、28日にはスペイン代表との国際親善試合を戦う予定となっている。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る