2017.03.20

テネリフェ指揮官、デビュー戦の柴崎を評価「良いボールを供給していた」

柴崎
マルティ監督(左)が柴崎岳(右)のプレーを評価した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スペインデビューを果たしたテネリフェのMF柴崎岳について、同クラブを率いるホセ・ルイス・マルティ監督が試合後にコメントしている。

 柴崎は19日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部第30節レウス戦で、74分から途中出場。待望の移籍後初出場となった。スペインメディア『eldorsal.com』は、マルティ監督の試合後コメントを掲載。柴崎のプレーについて「彼はチームメイトに良いボールを供給していた。我々のフットボールを分かり始めているね」と評価した。

 また、クラブ公式HPも同監督のコメントを伝えている。それによると、同監督は1点ビハインドという状況での投入になったことを申し訳なく思っている様子だ。「もう少し後で彼を見たかったが、彼はまだカテゴリーやチームメイト、そしてヨーロッパのフットボールのことを知る必要がある」と話し、実戦で適応していくことを求めた。

 今冬の移籍市場で鹿島アントラーズからテネリフェに移籍したものの、体調不良などでデビューまでは時間を要してしまった。ようやく第一歩を踏み出した柴崎のここからの活躍に、期待が懸かる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る