2017.03.17

イニエスタ、バルサの次期監督候補について語る…自身の去就にも言及

イニエスタ
バルセロナの主将を務めるMFイニエスタ [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、同クラブの次期監督候補について語った。16日付けのスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』などが報じている。

 2014年夏からバルセロナを率いるルイス・エンリケ監督は、1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第25節スポルティング・ヒホン戦後に今シーズン限りでの退任を発表。後任人事を巡っては、アシスタントコーチを務めているフアン・カルロス・ウンスエ氏を新指揮官に抜擢する可能性や、アスレティック・ビルバオを率いるエルネスト・バルベルデ監督を新たに招へいする可能性が報じられている。

 そんななか、スイスの高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」のイベントに出席したイニエスタが、次期監督候補についてコメント。「誰が次の監督になるかを知るまでは、まだ時間がかかる」と前置きしながらも、「ウンスエは全てを熟知しているし、過去にはヌマンシアなどのクラブを率いた経験も持っている。彼が準備万端で、監督を務める能力があるのは間違いないよ」と語り、ウンスエ氏の監督就任を後押しした。ただし、バルベルデ監督を招へいする案についても、「明確なスタイルを持つ素晴らしい指揮官だ。彼の名前が浮上しているなら、それにはしっかりとした理由があるはずだ」と肯定的な見解を示した。

 なお、イニエスタは現在交渉中だとされる契約延長について質問されると、「今の僕は、チームが戦っている3つの大会(リーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイ)に集中している」と、プレーに専念していることを強調。そのうえで「イニエスタとバルサの間で何か問題が起こることは決してないだろう」と語り、ファンに冷静に見守るように促した。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る