FOLLOW US

テネリフェ柴崎、初のメンバー入りもデビューはお預け…ベンチでは同僚と笑顔も

移籍後初のベンチ入りを果たした柴崎岳(左)[写真]=Getty Images

 テネリフェに所属するMF柴崎岳が12日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部第29節のヘタフェ戦で、移籍後初のベンチ入りを果たしたが、出番はなくスペインデビューはお預けとなった。

 今冬に鹿島アントラーズからテネリフェに移籍した柴崎は、チーム合流後にコンディション不良などで練習不参加が続いていた。だが、先月下旬に個人トレーニングを再開し、今月にはチーム練習にも合流。そして今節、移籍後初のベンチ入りを果たし、試合前にはチームメイトと笑顔を見せていた。

 なお、前節終了時3位のテネリフェと同6位のヘタフェによる上位対決は、昇格争いの重要な一戦だけに両者が熱くなる激しい試合となった。アウェイのテネリフェは21分にPKを献上して先制を許したが、後半の58分にFWアントニー・ロサノのゴールで同点に追いつく。終盤の85分に右CKの流れから勝ち越しゴールを喫したものの、90分に左CKから途中出場のクリスト・ゴンサレスが劇的な同点ゴールを叩き込み、2-2の引き分けで終わった。テネリフェは2試合連続ドローとなったが、無敗記録を11試合に伸ばした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO