2017.03.07

セビージャと契約延長のDFエスクデロ「今はキャリア最高の時間」

エスクデロ
セビージャとの契約を延長したDFセルヒオ・エスクデロ [写真]=Getty Images
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

 セビージャとの契約を2021年6月末まで2年間延長したスペイン代表DFセルヒオ・エスクデロが、5日に行われた会見で自身やチームの現況について見解を述べた。

 ヘタフェから加入した昨シーズンは左サイドバックの控えに甘んじたものの、2年目の今シーズンはレギュラーの座を掴み取ったエスクデロ。昨年11月にはスペイン代表に初招集されるなど、27歳を迎えて順風満帆のキャリアを送っているが、その最大の要因として今シーズンからセビージャを指揮しているホルヘ・サンパオリ監督の存在を改めて挙げた。

「自分がこれほど急激に向上できるとは思っていなかった。入団当初は新しい環境への適応や故障の影響により少し苦労したけれども、今はキャリア最高の時間を過ごしている。これも支えてくれているチームメイトやテクニカルスタッフのおかげに他ならない。とりわけ、サンパオリ監督の存在は自分の成長の決め手となっている。彼は最初から僕に信頼を置いてくれ、起用の際には何を求めているかはっきりと伝えてくれる。監督の信頼というのは選手にとって鍵なんだ」

 昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)3連覇を達成したセビージャは、今シーズンはリーガ・エスパニョーラでも好調をキープ。第25節を終えて、首位バルセロナと2ポイント差、消化が1試合少ない2位レアル・マドリードと1ポイント差の3位に着け、4位アトレティコ・マドリードには9ポイント差を付けている。この状況を踏まえたエスクデロは、リーガでの2大クラブとの優勝争いやチャンピオンズリーグ(CL)での上位進出に期待を寄せた。

「セビージャは今、3チームによる優勝争いを演じており、アトレティコ・マドリードには大差を付けている。2大クラブと最後までリーガのタイトルを争うことができると、僕ら選手は信じている。セビージャは数年にわたり良い戦いを繰り広げてきており、ヨーロッパ屈指のチームになるためにも、この流れを続けていかなければならない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る