FOLLOW US

L・エンリケ監督退任のバルサ、後任人事に着手…“3番人気”のOBを説得か

ルイス・エンリケ監督(左)の後任候補と報じられたビルバオのバルベルデ監督(右) [写真]=Getty Images

 ルイス・エンリケ監督が今シーズン限りで退任することを発表したバルセロナが、後任人事に着手しているようだ。2日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 L・エンリケ監督は、3月1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第25節スポルティング・ヒホン戦後に退任を発表。今シーズンの契約満了をもって、2014年夏から率いたクラブを離れることとなる。

 後任候補にはすでに複数の名前が挙がっているが、同紙はアスレティック・ビルバオを率いるエルネスト・バルベルデ監督が最有力だと報じられている。同監督は今シーズン限りで契約満了を迎えるが、バルセロナの首脳陣は契約更新を急がないように説得している模様だ。

 現在53歳のバルベルデ監督は、1988年から1990年までバルセロナでプレーしたクラブのOBだ。以前にも、L・エンリケ監督の後任候補として名前が挙がった経緯がある。なお報道によれば、バルベルデ監督はバルセロナからのアプローチにより、アスレティック・ビルバオとの契約更新を思いとどまっているという。一方で、アスレティック・ビルバオは指揮官の残留を実現すべく、ホス・ウルティア会長が全力で慰留に努めているとされる。

『ムンド・デポルティーボ』が行ったバルセロナの次期監督に関するアンケートでは、セビージャを率いるホルヘ・サンパオリ監督(56.4パーセント)、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督(19.8パーセント)に次ぐ9.5パーセントの得票率を得て3番人気となっているバルベルデ監督。果たして、来シーズンはどのクラブを率いているだろうか。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA