2017.03.03

レアルGKナバス、早くも昨季の失点数に並ぶ…1試合当たりでは約1.8倍に

ナバス
ラス・パルマス戦で3失点を喫したK ・ナバス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが、今シーズンの失点数が昨シーズンの失点数に早くも並んだようだ。2日付のスペイン紙『アス』がデータを紹介している。

 ナバスは1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第25節ラス・パルマス戦に先発出場。ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの退場によって数的不利となった影響もあったが、3ゴールを許し、3試合連続の複数失点を喫した。

 同紙によると、これでナバスは今シーズンの公式戦における失点数が計31となり、早くも昨シーズンの数字に並んだ模様。今シーズンはここまで25試合31失点で1試合平均では1.24失点となっている。昨シーズンは45試合31失点で1試合平均0.68失点だったため、約1.8倍の失点数に増加していることになる。また、昨シーズンは22の無失点試合があったが、今シーズンはここまでわずか5試合にとどまっている。

 さらに同紙は、ナバスがリーグ戦第12節まではリーグトップのセーブ率80パーセントを記録していたが、現在は同10位のセーブ率68パーセントまで落ちているデータを紹介。昨シーズンや今シーズン序盤に見せていたパフォーマンスが低下してきていると指摘した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る