FOLLOW US

頭部強打で意識失ったトーレス、ツイッターで無事を報告「みんなに感謝」

意識を失って倒れたトーレスのもとに駆け寄るアトレティコ・マドリードイレブン [写真]=NurPhoto via Getty Images

 2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第25節デポルティーボ戦で頭部を強打し、救急搬送されていたアトレティコ・マドリードに所属するスペイン代表FWフェルナンド・トーレス。自身のツイッターを更新し、無事を報告した。

 トーレスはデポルティーボ戦の65分から途中出場。試合終了間際、自陣エリア付近右で浮き球をクリアしようとした際に相手選手と衝突した。落下の際に地面に頭部を強打すると、意識を失って倒れ込んだ。

 その後、メディカルスタッフによって担架に乗せられ、すぐさま病院へと救急搬送。アトレティコ・マドリードはトーレスの検査結果を発表し、「安定した状態で意識も回復している」と無事を伝えていた。

 トーレス本人は自身のツイッターを更新し、メッセージを投稿。「僕を治療してくれたすべての人たちと、励ましの言葉をくれたみんなに感謝したい。少し衝撃を受けただけで大したことはないよ。早く復帰したいと願っている」と、無事を報告した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA