2017.03.01

乾が2戦連続の先発…10人対10人となった試合はエイバルの劇的弾でドロー

乾貴士
2試合連続で先発出場した乾貴士(写真は前節マラガ戦のもの)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第25節が2月28日に行われ、レアル・ソシエダとMF乾貴士の所属するエイバルが対戦した。


 ここ5試合で4勝1敗と好調の7位エイバル。中2日での今節は勝ち点差6で5位につけるレアル・ソシエダとのアウェーゲームに臨んだ。乾は左インサイドハーフで2試合連続の先発出場となった。

 試合は開始14分に動いた。ソシエダは右サイドのアルバロ・オドリオゾーラがクロスを供給。中央でフリーとなったフアンミが頭で叩きつけ、ゴール左隅に決めた。先制を許したエイバルだったが、26分に反撃が実る。右CKからペドロ・レオンのボールにゴンサロ・エスカランテがダイビングヘッドで合わせてゴールネットを揺らした。前半は1-1で終了した。

 後半に逆転を狙うエイバルだったが、開始早々の46分にフロリアン・ルジューヌが2枚目のイエローカードを受けて退場。センターバックを失い数的不利となったエイバルは55分に、乾を下げてマウロ・ドス・サントスをピッチに送り出した。だが、58分にはレアル・ソシエダも2枚目のイエローカードを受けたフアンミの退場で10人となった。

 試合が再び動いたのは67分、エイバルはGKジョエル・ロドリゲスが相手DFイニゴ・マルティネスを倒してしまいPKを献上。これをカルロス・ベラに決められ、ソシエダに勝ち越しを許した。

 1点ビハインドのままゴールが遠かったエイバルだが、後半アディショナルタイム3分に劇的ゴールを叩き込む。途中出場のセルジ・エンリクがエリア内で相手2人と競り合う。そのセカンドボールを拾ったペドロ・レオンが切り返しから左足を振り抜き、ゴール右に突き刺した。

 直後に終了のホイッスルが鳴り、2-2で終了。エイバルが土壇場で引き分けに持ち込み、勝ち点1を獲得した。なお、乾は鋭い縦パスやドリブルでチャンスを作ったが、55分に途中交代となった。

 レアル・ソシエダは次節、3月3日にアウェーでベティスと対戦。エイバルは同4日にレアル・マドリードをホームに迎える。

【スコア】
レアル・ソシエダ 2-2 エイバル

【得点者】
1-0 14分 フアンミ(レアル・ソシエダ)
1-1 26分 ゴンサロ・エスカランテ(エイバル
2-1 67分 カルロス・ベラ(PK)(レアル・ソシエダ)
2-2 90+3分 ペドロ・レオン(エイバル

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング