2017.02.28

レアル、逆転劇の立役者が自らの活躍予言…イスコとモラタが交わした言葉は?

モラタ、イスコ
ビジャレアル戦での活躍を予言していたというモラタ(左)とイスコ(右) [写真]=NurPhoto via Getty Images

 26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節、ビジャレアルとの強豪対決では、2点のビハインドをひっくり返して勝利をもぎ取ったレアル・マドリード。途中出場で大逆転劇を演出したMFイスコとFWアルバロ・モラタの両スペイン代表が、面白い表現で自身の活躍を予言していたという。

 一風変わった切り口で試合を振り返るスペインのフットボール番組『El dia despues』によると、この日は隣り合わせでベンチに座った両選手はキックオフ直前、イスコが「僕はメインディッシュになる」と話し掛けると、モラタが「それなら僕はデザートだ」と返したという。

 すると、2人の何気ない会話は現実のものとなる。まず、2点をリードされて迎えた58分にブラジル代表MFカゼミーロとの交代で投入されたイスコは、巧みなドリブルやパスで数々のチャンスを作り出すなど、嫌な流れを立ち切る活躍で試合の主役を演じた。一方、2-2の同点に追い付いて迎えた77分、フランス人FWカリム・ベンゼマとの交代で投入されたモラタは直後の83分、イスコのボール奪取から生まれたチャンスで、試合を決める値千金の決勝ゴールを叩き込んだ。

 頼りになるスーパーサブが数多くベンチに控えているのは、今シーズンのレアル・マドリードの強さの要因の一つである。しかし、「イスコとモラタは試合の流れを変えてくれた。彼らはもっと出場機会が得られてもいいだけの選手だ」と、試合後の会見で賛辞を送ったジネディーヌ・ジダン監督が、その言葉通り、両選手を先発メンバーに並べる試合も見てみたいものだ。

文=北村敦

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る