2017.02.28

C・ロナが新たな記録を樹立…PK成功数でリーガ史上最多に、成功率は8割超

ビジャレアル戦でリーガ通算57本目のPKを決めたC・ロナウド [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、リーガ・エスパニョーラにおけるPK通算成功数で歴代単独1位に立った。27日、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。


 同日開催されたリーグ第24節で、ビジャレアルと対戦したレアル・マドリード。試合はレアル・マドリード1点ビハインドで迎えた74分、ビジャレアルの選手がエリア内でハンドをしてしまい、レアル・マドリードがPKを獲得。C・ロナウドがゴール左にしっかりと決めて同点に追いついた。

 同サイトによると、C・ロナウドは同得点で、リーグ戦のPKによる得点数を57とした。この数字はかつてレアル・マドリードなどで活躍した元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏の記録を越え、歴代単独トップに。C・ロナウドは66本のPKで57ゴールを記録しており、成功率は約86パーセント。レアル・マドリードの全公式戦では、PKで72ゴールを挙げているという。

 同ランキングにおいて、現役選手でC・ロナウドに次ぐのはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。同選手は43得点をPKで決めており、4位タイにつけている。また、8位には現ニューヨーク・シティFC所属の元スペイン代表FWダビド・ビジャが入っている。

 なお、試合はレアル・マドリードが終盤に途中出場のスペイン代表FWアルバロ・モラタが決勝点を挙げ、3-2と逆転勝利。1試合未消化ながらリーグ首位をキープしている。

■リーガ・エスパニョーラPK成功数ランキング(所属は現役選手のみ)
1位 クリスティアーノ・ロナウド(57得点/ポルトガル/レアル・マドリード
2位 ウーゴ・サンチェス(56得点/メキシコ)
3位 ロナルド・クーマン(46得点/オランダ)
4位 リュボスラフ・ペネフ(43得点/ブルガリア)
4位 リオネル・メッシ(43得点/アルゼンチン/バルセロナ)
6位 ダニエル・ルイス(34得点/スペイン)
6位 ラファエル・マラニョン(34得点/スペイン)
8位 ダビド・ビジャ(32得点/スペイン/ニューヨーク・シティFC)
9位 アンデル・ガリターノ(31得点/スペイン)
10位 キニ(30得点/スペイン)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング