2017.02.19

ベイル、復帰初戦でゴール…先発起用のモラタも得点 レアルが完封で3連勝

先制ゴールを喜ぶモラタ(右から2番目)ら [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第23節が18日に行われ、レアル・マドリードとエスパニョールが対戦した。

 ミッドウィークに開催されたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのナポリ戦に勝利したレアル・マドリード。中2日で迎えたエスパニョール戦では、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやフランス人FWカリム・ベンゼマら主力数名が欠場した中、ケガで戦列を離れていたウェールズ代表FWギャレス・ベイルがベンチ入り。スタメンにはスペイン代表FWアルバロ・モラタやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらが起用された。

 序盤からエスパニョールの守備を攻略できないレアル・マドリード。27分にはC・ロナウドが鋭いドリブルでエリア左へ進入するが、得点にはつながらなかった。

 それでも33分、イスコが右サイドから上げたアーリークロスに、エリア内のモラタがヘディングシュート。ボールはゴール左下に吸い込まれ、先制点となった。前半はこのまま1-0とレアル・マドリードがリードして終える。

モラタがクロスボールにヘディングシュート [写真]=Getty Images

モラタがクロスボールにヘディングシュート [写真]=Getty Images

 後半に入って54分、レアル・マドリードはピッチ中央でFKを獲得。C・ロナウドが直接狙ったが、これは壁に防がれた。続く65分には、ルーカス・バスケスの折り返しをモラタが右足で合わせるが、これもエスパニョールDFが体を張ってクリアした。

 すると71分、モラタに代わってベイルがピッチへ。ベイルにとって昨年11月22日のチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節スポルティング戦以来の実戦復帰となった。

 その後もペースを握ったのはレアル・マドリード。78分にはエリア右でL・バスケスが右足のボレーシュートを打った。しかし枠を外れ、追加点とはならなかった。

 それでも84分、レアル・マドリードが自陣から一気に攻め込む。最後はエリア左へ走りこんだベイルが、イスコのスルーパスを受けて左足でシュート。ボールはゴール右下へ突き刺さった。

復活弾を喜ぶベイル [写真]=Getty Images

 試合はこのままタイムアップ。モラタの先発起用に応えたゴールと、ベイルの復活弾でレアル・マドリードが勝利した。レアル・マドリードはこれでリーグ戦3連勝となった。

 次節、レアル・マドリードは26日に敵地でビジャレアルと、エスパニョールは同日にホームでオサスナと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 2-0 エスパニョール

【得点者】
1-0 33分 アルバロ・モラタ(レアル・マドリード)
2-0 83分 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る