2017.02.13

レアル、連続得点のスペイン記録更新まで「5」…約80年ぶりの快挙なるか

レアル・マドリード
公式戦40試合連続で得点を記録しているレアル・マドリード [写真]=Real Madrid via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 今年1月にスペインの公式戦連続無敗記録を更新したレアル・マドリードが、同国の別の記録に並ぼうとしているようだ。12日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 昨年5月4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント準決勝ファーストレグのマンチェスター・C戦をスコアレスドローで終えてから、全ての公式戦でゴールを決めているレアル・マドリード。11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第22節のオサスナ戦も3-1で勝利を収め、連続得点試合記録は「40」に到達した。

 同紙によると、公式戦連続得点試合数のスペイン記録は、1942-43シーズンから1943-44シーズンにかけてバルセロナが達成した「44」であるという。レアル・マドリードはあと4試合続けてゴールを決めれば、国内記録に並ぶことになる。そして5試合連続で得点を記録した場合、約80年ぶりにスペインレコードを更新することとなる。

 なお、連続得点のクラブレコードは、ジョゼ・モウリーニョ、レオ・ベーンハッカー、フアン・アントニオ・イピーニャの3人の指揮官がそれぞれ監督を務めた当時に達成した41試合。15日に開催されるCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグのナポリ戦でゴールを奪えば、通算4度目のクラブ記録樹立となる。

 ナポリ戦の後は、18日にリーガ・エスパニョーラ第23節でエスパニョールと、22日には第16節未消化分でバレンシアと対戦。そして、26日に行われるリーガ・エスパニョーラ第24節のビジャレアル戦まで得点を決め続ければ、バルセロナの持つスペインレコードに並ぶこととなる。ビジャレアルは今シーズン、リーガ・エスパニョーラ開幕22試合を終えてリーグ最少の15失点と、鉄壁の守備を誇っている。バルセロナの持つスペインレコードに並ぶ前に、最終関門として立ちはだかる相手となりそうだ。そして3月1日には、リーガ・エスパニョーラ第25節でラス・パルマスと対戦する。

 昨年1月にジネディーヌ・ジダン監督が就任してから、レアル・マドリードが無得点に終わった試合はわずかに3つ。今後もゴールを奪い続けて、偉大な記録を樹立することはできるだろうか。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る