2017.02.10

バルサ戦途中交代のアトレティコDFゴディン、右内転筋負傷で2週間の離脱へ

国王杯準決勝のバルセロナ戦で途中交代していたDFゴディン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが、2週間の離脱を余儀なくされるようだ。9日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 アトレティコ・マドリードは7日、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝セカンドレグでバルセロナと対戦。ゴディンは同試合に先発出場したが、右足を痛めて49分に途中交代を余儀なくされていた。

 クラブ発表によると、ゴディンは右足の内転筋を負傷。トレーニングに代わりに理学療法による治療を行う予定だという。同紙は、約2週間の離脱になると見込んでいる。

 現在、ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスも負傷離脱中のため、センターバックが不足した状態で次の試合を迎えることとなったアトレティコ・マドリード。次戦は12日、リーガ・エスパニョーラ第22節でセルタをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る