2017.02.06

FWラカゼットが昨夏のバルサからの関心を明かす…今夏の退団も示唆

ラカゼット
バルセロナからの関心があったことを明かしたリヨンFWアレクサンドル・ラカゼット [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヨンに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが、昨夏にバルセロナからの関心があったことを明かした。スペイン紙『マルカ』が5日付で報じている。

 ラカゼットは昨シーズン、リーグ・アンで34試合に出場して21ゴールをマーク。その活躍によって多くのビッグクラブからの関心が報じられていたが、その中にバルセロナの名前もあったようだ。

 同紙によると、ラカゼットは昨夏にバルセロナからの関心があり、フランス代表でチームメイトの同クラブDFサミュエル・ユムティティから移籍を勧められたことを明らかに。しかし、結局は移籍は実現せず、ラカゼットはリヨンに残留することとなった。

 また、「今年の夏は、自分の周りの空気を新しくし、何か別のものを見るべき時だと思う。前進する時が来たと考えているよ」と同選手は語り、今夏のリヨン退団をほのめかしている。

 今シーズンもここまでリーグ戦で18ゴールを挙げるなど、フランスで得点を量産し続けるラカゼットだが、いよいよビッグクラブへのステップアップが近づいているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る