2017.02.01

スペイン移籍の柴崎岳、現地紙は「クラブW杯決勝のヒーロー」と紹介

柴崎岳
クラブW杯決勝でレアル・マドリードを相手に2ゴールを決めた柴崎岳(中央) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 鹿島アントラーズからスペイン2部テネリフェへ移籍することが決まったMF柴崎岳に対して、現地メディアが「クラブワールドカップ決勝での日本のヒーロー」と紹介した。2月1日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同紙は、FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2016決勝でレアル・マドリードを相手に活躍した柴崎を、「彼は2ゴールを決め、クラブW杯決勝で輝きを放った」と報道。さらに「すでに日本代表で13試合に出場し3得点を決めている」と、日本代表で活躍する柴崎についても触れている。

 記事の最後には、「テネリフェは、柴崎が日本での素晴らしいシーズンを経て、スペインサッカーで飛躍するだろうと強調している」と記しており、クラブが初の海外挑戦となる24歳のMFに大きな期待を抱いていると伝えている。

 半年間の契約となった柴崎だが、スペインリーグという新たな舞台でクラブW杯決勝のようなインパクトを残せるだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング