2017.01.28

国王杯敗退でリーガに集中するエイバル、デポルティーボを迎え撃つ/リーガプレビュー

乾貴士
乾所属のエイバルはデポルティーボと対戦する [写真]=Getty Images
世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 MF乾貴士が所属するエイバルはホームでの連戦となったこの1週間、リーガ・エスパニョーラ前節はバルセロナに完敗(0-4)し、通算7勝5分7敗となり9位から10位へと後退した。貯金が無くなったチームは、7位アスレティック・ビルバオまでも、12位アラベスまでも3ポイント差と、1試合で大きく順位が変動する状況にある。一方、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準々決勝セカンドレグはアトレティコ・マドリードとドロー(2-2)止まりとなり、完封負け(0-3)したファーストレグからの逆転はならず、クラブ史上初めてベスト8入りした大会に別れを告げた。

 3試合連続でホームでの戦いとなる今節は、出場停止のアルゼンチン人MFゴンサロ・エスカランテは欠場となるものの、アトレティコ・マドリード戦で温存された大量の主力が復帰し、バルセロナ戦とほぼ同じメンバーになると見られている。リーグ戦12試合連続のスタメンが予想されている乾は、できることなら今シーズン初ゴールを、そうでなくとも得点に絡む決定的な仕事に期待したい。

 対するデポルティーボは前節、アウェーでラス・パルマスと公式戦5試合連続となるドロー(1-1)を演じた。これにより通算4勝7分8敗となったチームは、15位から16位に後退したものの、降格圏内には依然として6ポイント差を付けている。

 再びホームでの戦いとなる今節は、アフリカ・ネーションズカップに出場中のモロッコ代表MFファイサル・ファジルを引き続き欠くこともあり、基本的には前節に近い陣容になると見られている。その一方で、この冬の移籍市場で加入したフランス人MFガエル・カクタや故障から回復したポルトガル人MFブルーノ・ガマがスタメン入りする可能性も残されている。

 国王杯での快進撃が幕を閉じ、リーガでの戦いに集中するエイバルとしては、ここまで5勝2分3敗と強さを誇るホームで後半戦白星スタートを切りたい。一方、アウェーでは5分5敗と未だに白星が無いデポルティーボとしては、この試合もドローに持ち込めれば十分だろう。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング