2017.01.23

スアレス、メッシと並び得点ランク首位も「重要なのはチームを助けること」

エイバル戦でともに得点を挙げたメッシ(左)とスアレス(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナは22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第19節でFW乾貴士が所属するエイバルと対戦。試合後、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスがインタビューに応じ、スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 試合は31分、バルセロナがスペイン代表MFデニス・スアレスのゴールで先制に成功。後半にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、スアレス、ブラジル代表FWネイマールの“MSN”が揃って得点を挙げ、4-0と快勝を収めた。

 スアレスは試合について、「先制点の後、僕たちは落ち着くことができた。この試合は勝つことが重要だったね」と、勝利できたことに満足感を示した。

 この試合の得点でリーグ戦15ゴール目を挙げたスアレス。メッシと並び得点ランキングトップを走っていることについては、「重要なのはチームを助けることだ。今夜は助けることができたし、得点も取れて幸せだよ」と、チームのためのプレーに徹していると口にした。

 バルセロナは勝ち点を「41」まで伸ばし、暫定ながら首位レアル・マドリードと勝ち点差「2」の3位。次節は29日、ベティスと敵地で対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る