FOLLOW US

ベイルがリハビリ風景をSNSに投稿…左手パンチでトレーナーが悶絶

ベイルがリハビリ風景をSNSに投稿した [写真]=NurPhoto via Getty Images

 現在、故障により戦線を離れているレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、自慢の左足キックに劣らぬ左手パンチを披露した。

 ベイルは19日、リハビリの一環として取り入れているボクシングのトレーナーとの練習風景を自身のSNSに投稿。最初はお互いに軽いパンチを交わしながら牽制し合っていた2人だったが、攻勢に打って出たトレーナーの顎をベイルの左ジャブが捉えた。すると、トレーナーは顔を抑えながらもんどり打ってダウン。別のトレーナーがテンカウントを数え、KO勝利を手にしたベイルは、チームメイトのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴール後のような雄叫びを上げた。

 2人が見せたボクシングは、スパーリングと呼ぶには程遠く、じゃれ合いと言った方が良いレベル。しかし、それでも軽いジャブ一発でトレーナーを悶絶させてしまうというのは、ベイルのパンチ力が相当すごいということだろう。とはいえ、サポーターが本当に見たいのはキック力の方だけに、いち早い回復に期待したいところだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA