FOLLOW US

アトレティコ、シメオネ監督下で500ゴール…カップ戦でコレアがマーク

2011年12月から指揮を執るアトレティコのシメオネ監督 [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードが、ディエゴ・シメオネ監督下での500ゴール目を記録した。19日付けのスペイン紙『マルカ』が報じている。

 同クラブは19日、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準々決勝ファーストレグでMF乾貴士が所属するエイバルと対戦。同試合では、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンらのゴールで3-0と快勝を収め、セカンドレグに弾みを付けている。

 同紙によれば、アルゼンチン代表FWアンヘル・コレアがマークした2点目が、シメオネ監督下でのチーム500ゴール目となったようだ。

 シメオネ監督は、2011年12月にアトレティコ・マドリードでの仕事を開始した。これまで指揮したクラブでは、長くても1年ほどの在任だったが、アトレティコ・マドリードではすでに5年以上に渡って指導している。その間、2013-14シーズンにはリーガ・エスパニョーラを制し、またUEFAチャンピオンズリーグで2度の準優勝を経験した。

 なお、500ゴールのうち最も得点数を稼いでいるのは現在も所属するグリーズマンで、70ゴールを挙げているという。

 アトレティコ・マドリードは次戦、22日にリーガ・エスパニョーラ第19節でアスレティック・ビルバオのホームへと乗り込む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO