2017.01.16

レアル、逆転負けで無敗記録が40でストップ マルセロは猛省「気が緩んだ」

マルセロ
セビージャ戦にフル出場したDFマルセロ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードは15日に敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ第18節で日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャと対戦。試合後、レアル・マドリードのブラジル代表DFマルセロがインタビューに応じた。同日付のスペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 試合は67分、レアル・マドリードはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがPKを沈めて先制に成功。しかしながら、85分にスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのオウンゴールで同点とされると、後半アディショナルタイムには逆転ゴールを許し、公式戦無敗記録が「40」でストップした。

 マルセロは試合を振り返り、「僕たちは良いゲームをしたけど、得点の後に気が緩んでしまった。こんな形で勝ち点を落としてしまい、受け入れがたいことだ」と、先制した後の試合運びを悔やんだ。

 また、「リーガはまだまだ長いし、僕たちはまだトップにいる。今日は気が緩んでしまったが、この敗戦から学ばなければならない。再び起きてはいけないことだ」と続け、反省の必要があると口にした。

 セビージャに敗れたものの、1試合未消化ながら第18節終了時点で勝ち点「40」と首位をキープしているレアル・マドリード。次節は21日、敵地でマラガと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る