2017.01.02

レアル主将のS・ラモス、新年初戦は欠場へ 指揮官が右ひざの負傷を考慮

S・ラモス
4日のセビージャ戦を欠場する見込みとなったS・ラモス [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードの主将を務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、2017年の初戦となるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)5回戦、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャとのファーストレグを欠場する可能性が高いようだ。1日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 同紙によると、S・ラモスは右ひざの筋肉系に問題を抱えている模様。ジネディーヌ・ジダン監督は負傷を考慮し、4日のセビージャ戦で起用しないことを決めたようだ。

 また、S・ラモスは累積警告により7日のリーガ・エスパニョーラ第17節グラナダ戦にも出場できない。12日に行われるコパ・デル・レイ5回戦、セビージャとのセカンドレグが同選手にとって2017年の初戦となる見込みだという。

 公式戦37戦無敗で2016年を終えたレアル・マドリード。主将抜きで新年初戦を迎えることになるが、好調を維持することはできるだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る