2016.12.28

【コラム】ゴールから遠ざかるグリーズマン…アトレティコのエースは“本物”か

グリーズマン
リーグ戦では10月2日のバレンシア戦以来得点から遠ざかっているグリーズマン [写真]=Getty Images
フリーライター&フォトグラファー。スペインで活動中。

「ディエゴ・シメオネ、最大の危機」と報じられることが多いのが、今シーズンのアトレティコ・マドリードだ。


 アルゼンチン人指揮官が就任してから2013-2014シーズンのリーガ制覇を始め、2度のチャンピオンズリーグ決勝進出などロス・コルチョネロスにとって史上最も甘美な時代を過ごしているが、今シーズンは苦しい戦いを強いられている。

 グループリーグを首位で勝ち抜いたチャンピオンズリーグは順調だ。一方でリーガは芳しくない。2016年を6位で終えた。近年は常にバルセロナとレアル・マドリードの2大ビッククラブの背後にぴったりとつけていたが、今シーズンは思うように勝点を積み重ねられていない。

 スペインメディアがアトレティコ・マドリード不振と結びつけて語るのが、FWアントワーヌ・グリーズマンの低調だ。

 フランス代表のアタッカーは、2015-2016シーズンはタイトルを勝ち取れなかったが、クラブではチャンピオンズリーグ、代表では欧州選手権のファイナリストになった。両チームでエースとして活躍し、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドに決まったバロンドールでも、バルセロナのメッシに続き、3番目に票を集めた。今や誰もが認める実力を兼ね備えたスターだ。

 ただフランス人アタッカーは山頂付近に到着したのはいいが、その地位の維持に苦労しているようだ。クリスティアーノ・ロナウドとメッシの偉大な2人はサッカー選手としては驚異的に長い期間、高いクオリティと共にコンスタントに結果を残している。一方、グリーズマンは今シーズン、結果が出ていない。リーガで9試合連続で得点がない。実に10月2日のバレンシア戦以来、シュートを決めていないのだ。

 地元紙『バングアルディア』によると昨シーズンも1月28日セルタ戦から2月27日のレアル・マドリード戦までリーガで519分得点がなかったが、今ほど長い期間はゴールから見放されていない。

 今シーズンも公式戦で21試合9得点6アシストと決して悪い結果を残しているわけではない。だが、バロンドールの投票で3位になった選手には十分な結果ではない。ましてや、彼のチームは苦しんでいる。レアル・マドリード、バルセロナのエースが2、3試合得点がなかっただけでニュースになるように、グリーズマンもいつしか得点するのが当たり前で、ゴールがないことがニュースになるようになった。そしてチームが低調であれば、不振の主因として責任がのしかかる存在となった。

 地元紙『アス』はグリーズマンの不振は疲労が原因であると伝えた。「リーガでは1261分ピッチに立っており、実に93.41パーセント出場し、チャンピオンズリーグでは全試合フル出場している」「出場時間に加えて、ディフェンスに力を使い、シュートを打つ時にはもう疲れている」と分析する。さらにマドリード・ダービーを具体例として示し、「ハットトリックしたクリスティアーノ・ロナウドと違い、大事なゲームでは活躍できない」「リーダーシップがない」とも評された。

 グリーズマンは苦しい時間を過ごしているが、クリスティアーノ・ロナウドもメッシもそういう時間があった。そして彼らはその後に必ず結果を出し、要求が高く、何かと揚げ足をとろうとする周囲を何度も黙らせてきた。

 はたしてグリーズマンは、山頂に居続けられるのか。

文=座間健司

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング