2016.12.26

スペイン紙がファン投票を実施! リーガ全20チームの年間MVPとは?

スペイン紙『マルカ』がリーガ全20チームの年間MVPを決めるファン投票を実施した [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 スペイン紙『マルカ』が、リーガ・エスパニョーラに所属する全20チームそれぞれの年間最優秀選手をファン投票で選ぶ特別企画を実施。トータルで2万を超える票が集まり、各チームの“2016年バロンドール”を25日付の記事で紹介している。

 第16節を終えた時点で首位を走るレアル・マドリードでは、12日にフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が選出する“本家”バロンドールを受賞したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドではなく、クロアチア代表MFルカ・モドリッチがファン選出のバロンドーラーとなった。今年10月にクラブとの契約を2020年まで更新した同選手は、全体の37.79パーセントの票を獲得。28.50パーセントの票を得たC・ロナウドを抑えて、見事1位に輝いた。

 チームのエースが1位を譲る格好となったレアル・マドリードとは対照的に、バルセロナとアトレティコ・マドリードでは、“チームの顔”が順当にトップ当選を果たした。バルセロナではアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが65パーセントの得票率を獲得して1位に。一方、アトレティコ・マドリードでは、フランス代表FWアンワーヌ・グリーズマンがチーム最多となる71パーセントの支持を集めた。

 なお、いくつかのチームでは、今夏に退団した選手がファン選出の“2016年バロンドール”を受賞した。MF乾貴士が所属するエイバルでは、昨シーズンのリーグ戦で18ゴールを挙げて、今夏にスウォンジーへの移籍を実現したスペイン人FWボルハ・バストンが最多42.8パーセントの票を獲得。またデポルティーボでは、今夏にアーセナルへのステップアップを果たしたスペイン人FWルーカス・ペレスが得票率69パーセントで年間MVPの座に輝いている。

■全20チームの2016年MVP
(チームはアルファベット順。括弧内は各チーム内での得票率)

アラベス:MFマルコス・ジョレンテ(37%)
アスレティック・ビルバオ:FWアリツ・アドゥリス(73.85%)
アトレティコ・マドリード:FWアントワーヌ・グリーズマン(71%)
バルセロナ:FWリオネル・メッシ(65%)
ベティス:FWルベン・カストロ(44.4%)
セルタ:FWイアゴ・アスパス(55.7%)
デポルティーボ:FWルーカス・ペレス(69%、現アーセナル)
エイバル:FWボルハ・バストン(42.8%、現スウォンジー)
エスパニョール:MFマルコ・アセンシオ(41.3%、現レアル・マドリード)
グラナダ:FWアイザック・サクセス(28.2%、現ワトフォード)
ラス・パルマス:MFロケ・メサ(44.7%)
レガネス:MFアレクサンデル・シマノフスキ(37.3%)
マラガ:MFカマーチョ(27.7%)
オサスナ:MFロベルト・トーレス(27.5%)
レアル・マドリード:MFルカ・モドリッチ(37.79%)
レアル・ソシエダ:MFアシエル・イジャラメンディ(31.8%)
セビージャ:MFビトーロ(55.9%)
スポルティング・ヒホン:MFホニー(35.5%、現マラガ)
バレンシア:GKジエゴ・アウヴェス(43.5%)
ビジャレアル:MFブルーノ・ソリアーノ(36%)

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る