2016.12.24

メッシの契約延長が難航か…交渉は電話のみ、直接の会談は1度も開けず?

メッシ
バルセロナが契約延長の交渉を行っているメッシ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの、契約延長に向けた交渉が進んでいないようだ。23日付けのスペイン紙『マルカ』が報じている。

 2018年で現行の契約が満了を迎えるメッシだが、クラブとしては新たな契約を結んで残留させたい意向。しかし、夏にメッシがオファーを断ったなどと報じられるなど、ここまで正式な決定には至っていない。

 同紙によれば、バルセロナとメッシの交渉は進んでいない模様。メッシが断りを入れた後、新たなオファーを提示するための公式の会談は1度も開くことができておらず、電話を通じての会話が行われただけだという。

 今シーズン、バルセロナはブラジル代表FWネイマールやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、アルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノら主軸となる選手と相次いで契約を延長している。当然、エースで5度のバロンドールを獲得したメッシの流出は避けたいところ。ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は先日「彼はここで幸せ」などとコメントし、同選手の慰留に楽観的な見解を示していたばかりだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る