2016.12.22

レアルOBのグティ氏、メッシの“4人抜き”を評価も「モドリッチだってできる」

エスパニョール戦で圧巻のドリブルを披露したメッシ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 バルセロナの大黒柱であるFWリオネル・メッシが、本拠地カンプ・ノウでエスパニョールに4-1で快勝したダービーで見せた圧巻のプレーに、国内外から続々と称賛の声が届いている。しかし、バルセロナの宿敵であるレアル・マドリードの名物OBであり、現在はフベニルA(19歳以下のカテゴリー)の監督を務めている元スペイン代表MFのグティ氏は、この風潮に異論があるという。

 メッシはこの試合、闘牛士さながらの身のこなしでエスパニョールの4選手を次々とかわし、FWルイス・スアレスのゴールをお膳立てした。しかし、スペインのテレビ局『Mega』のフットボール番組に出演したグティ氏は、メッシのプレーのレベルの高さを認めながらも、エスパニョールのスペイン人GKロベルト・ヒメネスがしっかりと対応していればゴールは生まれなかったとの見解を示した。

「あれは素晴らしい選手のプレーから生まれた素晴らしいゴールだ。だがそれ以上のことはない。むしろ、ゴールキーパーはもっとできたのではないかと思っている。なぜなら、あのメッシのシュートは簡単に止められるものだったにも関わらず、弾き損ねてスアレスにゴールをプレゼントしてしまったからだ」

 グティ氏はまた、バルセロナやレアル・マドリードの中心選手であれば、メッシが見せた程度のプレーはできるとの持論を展開した。

「繰り返しになるが、素晴らしいプレーだよ。しかし、あの位ならネイマール、ギャレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドはもちろん、ルカ・モドリッチだってできる」

 歯に衣着せぬ発言が持ち味であるグティ氏はさらに、「あれはメッシが見せたから大騒ぎしているに過ぎない」と切って捨てている。

「バルセロナ寄りのメディアは、あのプレーをしたのがレアル・マドリードの選手だったら、同じように話題にはしていない」

文=北村敦

ワールドサッカーキング 1月号

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、クラブワールドカップで来日するレアル・マドリードを大特集。名将への道を突き進むジネディーヌ・ジダン監督に加え、主将を務めるセルヒオ・ラモスのインタビューをお届けします。さらに、クリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルの現在に迫るストーリー原稿、レアル・マドリードを“世界最高のフットボールクラブ”に育て上げたフロレンティーノ・ペレス会長の手腕に迫る記事などを掲載。レアル・マドリードの“歴史・現在・未来”がすべて詰まった一冊に仕上がっています。今すぐ『ワールドサッカーキング1月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る