FOLLOW US

主力温存のバルサ、7発大勝で年内最終戦飾る アルカセルが公式戦初ゴール

P・アルカセル(左)の公式戦初ゴールなどでバルセロナが勝利を収めた [写真]=Getty Images

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦セカンドレグが21日に行われ、バルセロナとエルクレス(3部)が対戦した。

 11月30日にエルクレスのホームで行われたファーストレグは1-1のドロー。ベスト16進出を懸けての一戦となった。バルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの“MSN”やスペイン代表MFアンドレス・イニエスタら主力を温存。トルコ代表MFアルダ・トゥランやスペイン代表FWパコ・アルカセルらが先発に名を連ねた。

 試合は開始37分に均衡が破れる。左サイドのアルダからのグラウンダーのクロスにエリア内でラフィーニャが飛び込む。こぼれ球に反応したリュカ・ディニュが左足でゴールに流し込み、バルセロナが先制に成功した。

 バルセロナは45分、ラフィーニャのスルーパスでエリア内左に抜け出したアルダが倒されてPKを獲得。キッカーのイヴァン・ラキティッチがゴール右下に決めて、リードを2点に広げて前半を折り返した。

 後半はバルセロナがゴールラッシュを見せる。50分にラフィーニャが得点を挙げると、55分にはアルダがゴールを挙げてリードを4点に広げる。

 さらに73分、アルダのパスを受けたラフィーニャがエリア内右からクロス。相手DFに当たってコースが変わったボールをP・アルカセルが頭で落ち着いてゴールに流し込んだ。これが今夏移籍してきた同選手にとって公式戦初ゴールとなった。

 その後、アルダが2得点を挙げてハットトリックを達成。試合は7-0とバルセロナが大勝を収め、ベスト16へと駒を進めた。

 年内最終戦を快勝で締めくくったバルセロナは次戦、2017年1月8日にリーガ・エスパニョーラ第17節でビジャレアルと敵地で対戦する。

【スコア】
バルセロナ 7-0 エルクレス

【得点者】
1-0 37分 リュカ・ディニュ(バルセロナ
2-0 45分 イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ
3-0 50分 ラフィーニャ(バルセロナ
4-0 55分 アルダ・トゥラン(バルセロナ
5-0 73分 パコ・アルカセル(バルセロナ
6-0 86分 アルダ・トゥラン(バルセロナ
7-0 89分 アルダ・トゥラン(バルセロナ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO