2016.12.19

レアル番20年のスペイン紙記者も鹿島に賛辞「資質を世界に示せた」「90分見れば鹿島」

レアル・マドリードを相手に健闘した鹿島アントラーズ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝が18日に行われ、開催国代表の鹿島アントラーズ(日本)は欧州サッカー連盟代表のレアル・マドリード(スペイン)と対戦。延長にもつれ込んだ熱戦は、2得点を加点したレアル・マドリードが4-2で鹿島アントラーズを退け、世界一の座についた。

 試合後、レアル・マドリードの番記者を20年以上務めているスペイン紙『マルカ』のホセ・フェリックス・ディアス氏に感想を聞いた。

 一時はレアル・マドリード相手に勝ち越しに成功するなど、大いに苦しめた鹿島。その戦いぶりについて「非常にいいチームだった。いいプレーも見せていたし、フィジカルもとても強かった。日本は素晴らしいサッカーができる資質があるということを世界に示せた」と称える。

 個別で目立った選手を訪ねると「柴崎だ」とこの試合2得点の背番号10を挙げ、「いいゴールだったし、プレーも非常によかった」と評価する一方で「もう何点か決めるチャンスがあったね」と、チームとして他にも決定機が十分にあったことに触れた。

 レアル・マドリードとすれば、極東の開催国王者に苦戦を強いられた格好となったが、「ベンゼマの先制点がかなり早い時間に決まったこともあって、鹿島が前へ積極的に出てきた。これが苦戦につながった。90分間だけで見れば、鹿島の方がいいプレーをしていた」と、“白い巨人”を追い詰めたJリーグ王者のプレーを評価している。

ワールドサッカーキング 1月号

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、クラブワールドカップで来日するレアル・マドリードを大特集。名将への道を突き進むジネディーヌ・ジダン監督に加え、主将を務めるセルヒオ・ラモスのインタビューをお届けします。さらに、クリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルの現在に迫るストーリー原稿、レアル・マドリードを“世界最高のフットボールクラブ”に育て上げたフロレンティーノ・ペレス会長の手腕に迫る記事などを掲載。レアル・マドリードの“歴史・現在・未来”がすべて詰まった一冊に仕上がっています。今すぐ『ワールドサッカーキング1月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る