2016.12.19

「悔しい!」レアル追い詰めた鹿島指揮官、選手のファイト称える…主審への苦言も忘れず

石井正忠
前半、柴崎の同点ゴールを喜ぶ鹿島の石井正忠監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝が18日に行われ、開催国代表の鹿島アントラーズ(日本)は欧州サッカー連盟代表のレアル・マドリード(スペイン)と対戦。延長にもつれ込んだ熱戦は、2得点を加点したレアル・マドリードが4-2で鹿島アントラーズを退け、世界一の座についた。

 延長までもつれ込み、欧州王者をあと一歩まで追い込んだ鹿島の石井正忠監督は試合後の会見で、「選手は120分間、しっかりファイトしてくれました。あのレアル・マドリードに対して、真っ向勝負を挑んでくれました」と、選手たちに賛辞を送ると、「戦略や交代選手で変化をつけて追いつこうと思ったんですが、うまくいかなかったと思います。私の力の無さだと思います」と、敗戦は自身に責任があるとかばった。

 今大会の結果が日本サッカーに及ぼす影響について問われると、「日本のサッカーがここまで来られたのは非常に意味のあること。急激に日本のサッカーが世界に近づいていることを証明したと思います」と胸を張る一方で、「このような高いレベルの試合をJリーグでもしっかりやるべきだと思います。他のクラブだけではなく、Jリーグの発展にもつながると思っていますので、これを続けたいです。いろいろなチームと戦って、いろいろな経験をしました。来年はAFCアジアチャンピオンズリーグを勝って、アジア王者としてこの場に立ちたいと思います。選手もそう感じていると思います」と、まだまだ改善をすることが多いことを強調した。

 選手の健闘ぶりを語りつつも、素直に悔しいかを聞かれると間髪を入れずに「悔しいです!」と即答。「相手を苦しめさせることはできたと思います。ちょっとしたポジショニングやプレーの判断ミスで失点したことがあったので、本当に悔しい思いでいっぱいです」と、にじませる。

 さらに「選手は立ち上がりから勇気を持って120分戦ってくれました」と続けると、「主審が勇気を持てなかった場面が1つあったことは残念です」と、後半終了間際にすでに警告を受けていたセルヒオ・ラモスが金崎夢生を倒したものの、おとがめなしに終わったシーンについて言及することも忘れなかった。

ワールドサッカーキング 1月号

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、クラブワールドカップで来日するレアル・マドリードを大特集。名将への道を突き進むジネディーヌ・ジダン監督に加え、主将を務めるセルヒオ・ラモスのインタビューをお届けします。さらに、クリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルの現在に迫るストーリー原稿、レアル・マドリードを“世界最高のフットボールクラブ”に育て上げたフロレンティーノ・ペレス会長の手腕に迫る記事などを掲載。レアル・マドリードの“歴史・現在・未来”がすべて詰まった一冊に仕上がっています。今すぐ『ワールドサッカーキング1月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る