2016.12.16

レアル、準決勝出場組はクールダウンのみ 欠場のS・ラモス&ペペはピッチで別メニュー調整

準決勝翌日の練習を行ったレアル・マドリード [写真]=Real Madrid via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝を18日に控えるレアル・マドリードが、16日に横浜市内でトレーニングを実施した。

 前日に開催されたクラブ・アメリカとの準決勝をカリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドの得点で2-0と下したレアル・マドリード。一夜明けた練習では、前日の試合出場組は最初の10分間のランニングのみでピッチを後に。出場時間の短かったハメス・ロドリゲスや出場機会のなかったイスコ、マテオ・コヴァチッチ、マルコ・アセンシオらがパス回しやミニゲームなどで約50分間、汗を流して調整した。

[写真]=Real Madrid via Getty Images

[写真]=Real Madrid via Getty Images

 また、長旅の疲れなどが理由で準決勝を欠場したセルヒオ・ラモスはクールダウンに努めた出場組と入れ替わるようにピッチへ姿を現し、ミニゲームなどには参加しなかったが、個別にランニングやロングレンジのパスなどボールを使ったトレーニングを実施。最後までピッチ上で調整した。一方、準決勝の前日練習を欠席し、クラブ・アメリカ戦もベンチで戦況を見守ったペペは個別でボールタッチやランニングをしたのみで、セルヒオ・ラモスよりも軽いメニューをこなすと、練習途中でピッチを後にしている。

 この日はレアル・マドリードの日本スクールでプレーする子どもたちや日本のファンクラブが招待され、練習を見学。大きな声援を送っていた。

 レアル・マドリードは18日、アジア勢初の大会決勝進出となった鹿島アントラーズと世界一の座を懸けて、横浜国際総合競技場で対戦する。

ワールドサッカーキング 1月号

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、クラブワールドカップで来日するレアル・マドリードを大特集。名将への道を突き進むジネディーヌ・ジダン監督に加え、主将を務めるセルヒオ・ラモスのインタビューをお届けします。さらに、クリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルの現在に迫るストーリー原稿、レアル・マドリードを“世界最高のフットボールクラブ”に育て上げたフロレンティーノ・ペレス会長の手腕に迫る記事などを掲載。レアル・マドリードの“歴史・現在・未来”がすべて詰まった一冊に仕上がっています。今すぐ『ワールドサッカーキング1月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る