2016.12.15

モドリッチ、ビデオ副審に批判的「僕は好きじゃない」…指揮官は理解示す

モドリッチ
クラブ・アメリカ戦に出場したモドリッチ [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016準決勝が15日に行われ、レアル・マドリード(スペイン)はクラブ・アメリカ(メキシコ)に2-0で勝利を収めた。試合後、クロアチア代表MFルカ・モドリッチがコメントを残している。

 レアル・マドリードは前半終了間際にフランス代表FWカリム・ベンゼマのゴールで先制すると、試合終了直前にはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが追加点を奪って突き放した。2-0で勝利したレアル・マドリードは、18日に行われる決勝で鹿島アントラーズ(日本)と対戦する。

 試合を振り返ったモドリッチは「最初の25分は苦労した。日本の気候への慣れや、長旅もあって厳しかったがよくやれたね。2ゴール挙げて勝ったのは良かったし、次に進めるから重要な勝利だったよ」と、立ち上がりに苦しみながらも勝利したゲームを振り返った。

 C・ロナウドの得点についてはゴールが決まった直後に、今大会から運用が開始されているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって同選手のオフサイドが審議された。数秒間の混乱があったが、最終的には同選手のゴールが認められている。

 新たなシステムについてモドリッチは「僕は好きじゃないね」とバッサリ。続けて「僕らも説明を受けているわけではないんだ。これが続いてほしいとは思わないよ。こういうシステムを導入した試合は好きじゃない。すごく混乱を巻き起こす。良いシステムではないと感じたよ」と、批判的な見解を示している。

 またジネディーヌ・ジダン監督もこの制度にコメントしたが、「自分たちが慣れるしかないよ、FIFAが言っているのであればね。個人的には混乱が起きる気もする。これは個人的な意見だ。技術委員会が改善を図っているのであれば、自分たちはそれに慣れるだけ。ただ、すべてがクリアになるのはいいことかもしれないね」と、一定の理解を示している。

 公式戦の連続無敗記録を「36」に伸ばしたレアル・マドリードは次戦、18日に行われる決勝で開催国代表の鹿島と対戦する。

ワールドサッカーキング 1月号

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、クラブワールドカップで来日するレアル・マドリードを大特集。名将への道を突き進むジネディーヌ・ジダン監督に加え、主将を務めるセルヒオ・ラモスのインタビューをお届けします。さらに、クリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルの現在に迫るストーリー原稿、レアル・マドリードを“世界最高のフットボールクラブ”に育て上げたフロレンティーノ・ペレス会長の手腕に迫る記事などを掲載。レアル・マドリードの“歴史・現在・未来”がすべて詰まった一冊に仕上がっています。今すぐ『ワールドサッカーキング1月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る