2016.12.14

横浜国際はレアルに「幸運をもたらす」? スペイン勢と好相性、地元紙が紹介

レアル・マドリード
2002年のトヨタカップ制覇を果たしたレアル・マドリード [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 15日にキックオフを迎えるFIFA クラブワールドカップ ジャパン 2016 準決勝のレアル・マドリードvsクラブ・アメリカ。欧州王者の大会初戦を前に、スペイン紙『マルカ』が、決戦の舞台である横浜国際総合競技場にスポットライトを当てている。

 同紙は「ヨコハマ、たった19年の間に歴史が詰まっているスタジアム」というタイトルの記事で、1997年の完成から現在までに至るまでのヒストリーを紹介。2002年の日韓ワールドカップに向けて建設され、同大会でブラジル代表とドイツ代表による決勝戦が開催されたことや、FIFAクラブワールドカップでは過去7度にわたって決勝戦の会場になったこと、また前身大会のインターコンチネンタル・カップ(トヨタカップ)と2001年のコンフェデレーションズカップの舞台にもなっていたことが伝えられている。さらに、横浜F・マリノスが本拠地として使用しており、2019年のラグビー・ワールドカップや2020年の東京オリンピックでは、会場の1つになる予定であることも紹介されている。

 一方で同紙は、横浜国際総合競技場が「スペイン勢に幸運をもたらすスタジアム」だとし、スペインのクラブが同スタジアムと好相性だと指摘している。2002年にはジネディーヌ・ジダン監督が選手として在籍していたレアル・マドリードが、パラグアイのオリンピアを破ってトヨタカップ(当時)を制覇。さらに2011年と2015年には、バルセロナが同スタジアムで2度、世界王者に輝いた。ただし“レアル・マドリード寄り”のメディアとして知られている『マルカ』らしく、2006年にはバルセロナがインテルナシオナウに敗れて“世界一”の称号を逃したことも強調している。

 再び日本を訪れたジダン監督は、縁起の良い横浜国際総合競技場で新たな勲章を手にすることができるのか。まずは準決勝のクラブ・アメリカ戦で、どのような戦いを見せるのか注目したい。

(記事/Footmedia)

ワールドサッカーキング 1月号

[主なコンテンツ]

今号のワールドサッカーキングでは、クラブワールドカップで来日するレアル・マドリードを大特集。名将への道を突き進むジネディーヌ・ジダン監督に加え、主将を務めるセルヒオ・ラモスのインタビューをお届けします。さらに、クリスティアーノ・ロナウドやギャレス・ベイルの現在に迫るストーリー原稿、レアル・マドリードを“世界最高のフットボールクラブ”に育て上げたフロレンティーノ・ペレス会長の手腕に迫る記事などを掲載。レアル・マドリードの“歴史・現在・未来”がすべて詰まった一冊に仕上がっています。今すぐ『ワールドサッカーキング1月号』をゲットしよう!

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る