2016.12.14

スペインで試合中に暴行事件発生…選手が主審を二度殴打、警察が拘束

イエローカードを提示した後、主審が暴行を受ける事件が起きた(写真はイメージ) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スペインのアマチュアリーグで、サッカーの試合中に選手が主審を殴りつけるという事件が発生したようだ。イギリス紙『デイリーレコード』が12日付で伝えている。

 被害者となったのは、18歳の学生であるファド・アボウ・エル・モウラビト。過去3年間のキャリアを持つレフェリーで、1試合あたり40ポンド(約6000円)の謝礼をもらってアマチュアの試合で主審を務めていたという。

 加害者は、北部スペインのサラゴサ市を拠点とするミラルブエーノというアマチュアチームに所属するラニム・チャオウビ。2-0でリードしていたリーグ戦の試合で、味方のGKが2枚目のイエローカードを受けて退場処分となった際、抗議中に激昂してファド主審を殴り倒したという。

 二度、殴られて地面に倒れ落ちた被害者のファド主審は病院に搬送され、治療を受けた模様。加害者であるラニム選手は警察に拘束されている。

 ファド主審は「私はただ、抗議に対してGKに2枚目のイエローカードを出しただけだ。サン・フアン(相手チーム)の選手たちの助けを借りて、彼から離れたよ。背番号14の選手がいきなり迫ってきて私の顔を殴ったのさ。地面に倒れている最中にもう一度殴られたよ」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る