2016.12.11

S・ラモス、劇的決勝弾に歓喜も課題を口に…クラブW杯は「楽しむ」

S・ラモス
CKから決勝ゴールを決めたS・ラモス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第15節が10日に行われ、レアル・マドリードはデポルティーボと対戦し、3-2で勝利した。試合後、後半アディショナルタイムに劇的な決勝ゴールを挙げたスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがコメントを残している。10日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

 2-2で迎えた後半アディショナルタイム1分、レアル・マドリードはCKを獲得すると、ドイツ代表MFトニ・クロースの上げたボールをS・ラモスがヘディングで突き刺した。結局これが決勝点となり、レアル・マドリードが3-2で勝利。公式戦の無敗記録をクラブレコードとなる「35」へ伸ばした。

 同紙によると、値千金のゴールを決めたS・ラモスは、「希望、信頼、熱意をもって最後まで戦うなら、このようなことが起こりうる」と最後まで諦めなかったことが結果に繋がったとした。

 しかし一方、エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらを温存して臨んだ同試合について、「素晴らしいゲームをしたとは言えない。僕らはいくつもミスを犯した。前半はたくさんのチャンスがありながら、決めきれなかった。そして相手がカウンターをするスペースも与えてしまった」とチームの主将を務めるS・ラモスは課題を口にしている。

 今後、レアル・マドリードは来日し、15日にはFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016の準決勝で、北中米カリブ海王者のクラブ・アメリカとアジア王者の全北現代の勝者と対戦する。S・ラモスは「今度はクラブワールドカップを楽しむつもりさ」と同大会へ向けてコメントした。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る