2016.12.11

レアルのジダン監督、公式戦無敗記録更新に満足「選手へ感謝したい」

ジダン
デポルティーボ戦で指揮を執ったジダン監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第15節が10日に行われ、レアル・マドリードはデポルティーボと対戦し、3-2で勝利した。試合後、同クラブのジネディーヌ・ジダン監督がコメントを残している。10日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

 後半立ち上がりに先制点を奪いながら、デポルティーボのスペイン人FWホセルに2失点を献上し逆転を許したレアル・マドリード。それでも84分、ドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスのヘディングシュートで同点に追いつくと、迎えた後半アディショナルタイム1分、CKからスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがゴールを挙げて逆転に成功した。

 結局、このまま3-2で勝利したレアル・マドリードは公式戦の無敗記録を「35」へ伸ばし、クラブ新記録を樹立。FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016に向けても弾みのつく白星となった。

 同紙によるとジダン監督は、「今日、我々はとても苦しんだ。クレイジーな試合だったが、私は満足している。本当に選手へ感謝したい。私たちを助けたファンにも感謝したい」と勝利を喜んだ。

 この試合では、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや、フランス人FWカリム・ベンゼマらをメンバー外としたジダン監督。代わりにスペイン代表FWルーカス・バスケスや、得点を決めたマリアーノらを出場させたが、同指揮官は、「彼らはその役割を果たし、誰もが良いゲームをした」と満足感を示している。

 また、リーグ第14節のバルセロナ戦に続いて試合終了間際に得点を決めたS・ラモスについては、「彼はいつも、最後の瞬間に影響を与えことができる人だ」とコメントを残している。

 レアル・マドリードの2016年リーグ戦はデポルティーボ戦で終了。同クラブは15日にFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016の準決勝で、北中米カリブ海王者のクラブ・アメリカとアジア王者の全北現代の勝者と対戦する予定だ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る