2016.12.03

クラシコでトルコ人初の得点なるか…バルサのトゥラン「世界で最も重要な試合」

トゥラン
クラシコへの意気込みを語ったトゥラン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 12月3日に行われるリーガ・エスパニョーラ第14節で、バルセロナとレアル・マドリードが対戦する。

 6ポイント差で追う首位との大一番を前に、バルセロナのトルコ代表MFアルダ・トゥランが抱負を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 トゥランは昨年4月2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第31節のレアル・マドリードで途中出場し、バルセロナ所属のトルコ人選手で初めて“クラシコ”に出場した。今節では、同国人初のゴールを目指す。

 トゥランは“クラシコ”を「世界で最も重要な試合」と表現し、以下のように意気込みを語っている。

「あらゆるビッグマッチと同じように、常にタフな試合になる。世界で最も重要な試合だ。この試合を楽しみたいし、ホームで勝ちたい」

「バルサは最高のクラブだよ。僕たちが自分たちらしくプレーした時、止められる者は誰もいない。今回のクラシコに向けて、僕は非常に良い感触を持っている」

 今節で敗れると、レアル・マドリードに9ポイント差をつけられて非常に苦しい状況となるバルセロナ。トゥランはチームを勝利に導くゴールを決めることができるだろうか。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る