2016.12.03

クラシコに臨むバルサをデータが後押し? 12月のホーム戦、過去9年無敗

バルセロナ
レアルとのクラシコに臨むバルサ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 12月3日に行われるリーガ・エスパニョーラ第14節で、バルセロナとレアル・マドリードが対戦する。

 スペインを代表する2クラブによる“クラシコ”が今シーズンも開催される。バルセロナはリーガ・エスパニョーラ第13節を終えて勝ち点「27」の2位。首位のレアル・マドリードを6ポイント差で追っている。

 敗れた場合は9ポイント差をつけられ、早くもレアル・マドリードに独走状態を許してしまうバルセロナ。同クラブの公式HPによると、12月に行われるホームゲームでは好成績を残しているようだ。

 リーグ戦2試合連続引き分けと足踏みが続くバルセロナだが、レアル・マドリード戦に向けて“後押し”となるデータがある。12月に本拠地カンプ・ノウで行われたホームゲームでは、過去9年間に渡って敗れていない。12試合で11勝1分けと、驚異的な勝率を誇っているという。

 レアル・マドリードは現在、公式戦連続無敗記録を「32」に伸ばしている。そしてバルセロナは12月のホームゲームに強い。果たして、勝利を収めるのはどちらのクラブだろうか。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る