2016.12.02

“クラシコ”を目前に控えるバルサDFピケ「S・ラモスとの関係は良好だ」

ピケとラモス
ピケ(左)が、S・ラモス(右)との関係は良好であると強調した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナ所属のスペイン代表DFジェラール・ピケが、一部で不仲が囁かれるレアル・マドリード所属の同代表DFセルヒオ・ラモスとの関係についてコメントした。スペイン紙『マルカ』が1日付で伝えている。

 これまで幾度もレアルの選手とSNS上で口論を繰り広げるなど、“悪役”のイメージも強いピケ。スペイン代表でセンターバックのコンビを組むことが多いS・ラモスとの不仲も指摘されてきたが、伝統の一戦“クラシコ”を目前に控える中、ピケはライバルチームの主将であるS・ラモスとの仲は「良好だ」と語った。また、バルセロナとレアルの関係については、「土曜日こそ我々は自分たちのチームのために戦うが、レアルとはともに多くの時間を過ごしてきたし、良い関係にあるよ」とコメント。両者の関係性は良好であることを強調している。

 負傷している足首についても、「今週末には良くなっているだろうし、プレーできると思うよ」と話し、回復をアピールした。

 全世界が注目するバルセロナとレアルによる伝統の一戦“クラシコ”は、3日に開催される。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る