2016.12.01

主力温存のバルサ、3部クラブ相手にまさかのドロー/国王杯4回戦第1戦

パコ・アルカセル
P・アルカセルはフル出場を果たしたが、得点を奪えなかった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦(ラウンド32)ファーストレグが11月30日に行われ、エルクレス(3部)とバルセロナが対戦した。

 12月3日にリーガ・エスパニョーラ第14節のレアル・マドリード戦を控えているバルセロナは、格下相手のアウェーゲームで主力選手を温存。先発メンバーには、復帰を果たしたサミュエル・ユムティティやデニス・スアレス、アルダ・トゥラン、パコ・アルカセルといった面々が並ぶ。リオネル・メッシやネイマール、ルイス・スアレスらはベンチからも外れた。

先発メンバーに名を連ねたデニス・スアレス [写真]=Getty Images

先発メンバーに名を連ねたデニス・スアレス [写真]=Getty Images

ゴールマウスを守ったシレッセン [写真]=Getty Images

ゴールマウスを守ったシレッセン [写真]=Getty Images

 バルセロナはエルクレスを相手に苦戦。前半は得点を奪うことができず、スコアレスで後半を迎えた。そして52分、先制ゴールはエルクレスのものだった。左サイドからのクロスがファーサイドへ飛ぶと、リュカ・ディニュがマークを外してしまい、大外からダビド・エミリオ・マインス・ナバロに押し込まれた。

指示を出すルイス・エンリケ監督(右) [写真]=Getty Images

指示を出すルイス・エンリケ監督(右) [写真]=Getty Images

 ビハインドを負ったバルセロナ。思わぬ展開となったが、6分後に期待の若手がチームを救う。ペナルティーエリア左手前でボールを持ったカルレス・アレーニャが思い切りよく左足を振り抜くと、強烈なロングシュートがゴール右隅へ突き刺さった。18歳のアレーニャが起用に応え、同点弾を記録した。

 しかし、バルセロナのゴールは1点止まりだった。試合は1-1で終了。3部所属のエルクレスを相手に引き分けという結果に終わった。次戦は3日、レアル・マドリード戦だ。メンバーを大幅に入れ替えた一戦とはいえ、格下相手にドローに終わったことで、“クラシコ”を前にしたチーム状態を懸念する報道が活発化するかもしれない。

 なお、4回戦のセカンドレグは21日、バルセロナのホームで開催される。

【スコア】
エルクレス 1-1 バルセロナ

【得点者】
1-0 52分 ダビド・エミリオ・マインス・ナバロ(エルクレス)
1-1 58分 カルレス・アレーニャ(バルセロナ)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る