2016.11.30

バルサに朗報、イニエスタがクラシコで復帰か…ユムティティも「100%の状態」

イニエスタ、ユムティティ
イニエスタとユムティティ(左から)が復帰に近づいているようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、12月3日に行われるリーガ・エスパニョーラ第14節のレアル・マドリード戦で復帰を果たす可能性が高まっているようだ。クラブの公式HPが伝えている。

 イニエスタは10月22日のリーガ・エスパニョーラ第9節バレンシア戦で右ひざのじん帯を損傷し、全治6~8週間の見込みと伝えられていた。同選手についてルイス・エンリケ監督は「状態は良い」とコメント。クラブの公式HPは「近く、ピッチに復帰できる見通しだとした」と伝えている。

 また、L・エンリケ監督は、同じく離脱を強いられているフランス代表DFサミュエル・ユムティティについても「今日(29日)、チームとともに練習をして全てのメニューをこなした。こちらも100パーセントの状態で、医師の診断を待っているところだ」と、試合復帰に迫っていることを明かした。

 バルセロナは30日にコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦ファーストレグでエルクレス(3部)と敵地で対戦し、中2日でレアル・マドリードとの大一番に臨む。勝ち点差「6」をつけられているライバルとの“クラシコ”でイニエスタやユムティティが復帰となれば、バルセロナにとっては朗報となる。

この試合の他の記事

欧州順位ランキング

アーセナル
34pt
チェルシー
34pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
33pt
ライプツィヒ
33pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
37pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る