2016.11.30

右足首の手術に成功したベイル、最大4カ月の戦線離脱か 英紙報じる

ベイル
ベイルはロンドン市内で右足首の手術を受け、無事に成功した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードは29日、右足首を負傷したウェールズ代表FWギャレス・ベイルの手術が成功したことをクラブ公式HP上で発表した。

 ベイルは22日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節スポルティング戦で負傷し、右足首の外傷性腓骨筋腱脱臼と診断されていた。クラブは同選手の最新情報を公開し、ロンドンで行われた手術が成功したことを発表。全治は明らかにされていないものの、30日付のイギリス紙『デイリーメール』は最大4カ月の離脱と報じている。
 
 4カ月の離脱となれば、レアル・マドリードは多くの重要な試合をベイル抜きで戦わなければならない。直近では、12月3日のリーガ・エスパニョーラ第14節バルセロナ戦や7日のCL・グループステージ第6節ドルトムント戦、さらにはFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016を控えており、同選手はそれら全てを欠場することになる。
 
 負傷者が相次ぐレアル・マドリードは現在、スペイン代表FWアルバロ・モラタやドイツ代表MFトニ・クロースらが離脱中。一方でブラジル代表MFカゼミーロやポルトガル代表DFペペが復帰を果たしている。

欧州順位ランキング

アーセナル
34pt
チェルシー
34pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
33pt
ライプツィヒ
33pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
37pt
バルセロナ
31pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る