2016.11.29

クロース、契約満了後の2022年に引退か「サッカー界を去る良い年齢」

クロース
レアル・マドリードと2022年まで契約を結んでいるクロース [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、自身のキャリアについて言及した。28日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 10月にクラブとの契約を2022年6月30日まで延長することで合意したクロース。同紙によると、その契約満了を迎える32歳で、クロースは現役生活に終止符を打とうとしているようだ。

 同紙はクロースの考えについて、「トップパフォーマンスを維持した状態の時が、やめる正しいタイミングと考えている」と報道。実際、同選手は「38歳や39歳になるまでプレーしようとする意思を持っていない。だからそのタイミングがサッカー界を去る良い年齢なのさ」とコメントしているという。

 現役引退時期について言及したクロース。それでも現段階では、「サポーターと伝統を尊重して、引退について十分に考えているわけではない」と今後考えを翻す可能性もあることを主張したようだ。

 クロースは1990年1月生まれの26歳。2014年夏にバイエルンからレアル・マドリードへ移籍し、昨シーズンはリーガ・エスパニョーラで32試合出場1ゴールを記録した。今シーズンのリーグ戦はケガの影響で、13節終了時点で11試合の出場となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る