2016.11.25

クロースが順調に回復、ボールを使った練習を実施…クラブW杯出場も

クロース
トレーニングを行うクロース(写真は負傷前の今月5日) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、ケガから順調な回復を見せている。24日付のスペイン紙『マルカ』が報じた。

 同紙によると、今月8日に右足第5中足骨基部の剥離骨折と診断されたクロースが、ランニングやボールを使用した練習を開始した模様。当初は6週間程度の離脱と報じられ、来月8日から日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016も欠場濃厚と見られていたが、現在のところ同大会でのプレーは楽観視できる状況だという。

 同日、クロースの同僚であるウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、最低でも2カ月の間ピッチを離れると伝えられたレアル・マドリード。今シーズンの公式戦で7ゴールを挙げてきた右ウインガーの離脱は痛いが、中盤の要であるクロースの早期回復は、同クラブにとって朗報といえる。

 同紙はクロースと同様に負傷が伝えられていたポルトガル代表DFペペも、練習に参加したことを伝えている。また、ブラジル代表MFカゼミーロはすでに全体練習に復帰しており、26日に行われるリーガ・エスパニョーラ第13節スポルティング・ヒホン戦出場を目指しているようだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る